あじさいコンサート


神戸市立盲学校和太鼓クラブのご担当の先生方からご相談をいただいたのは数年前のことでした。
子どもたちが楽しめる和太鼓曲として「海山」という曲を使わせてほしいというお話でした。
2019年には、「作曲家と演奏家による組太鼓新作公演」で、音楽愛好家の皆さんにチケットを購入していただいたり、市団体より助成を受けた枠を使って、地域の子どもたちを無料招待させていただきました。

その中に混じって聴きに来てくださった盲学校の先生と生徒たち。

今度は、その子どもたちが、演奏した様子を拝見することになりました。
とても嬉しいです。

今年は、コンサートは行われずに、団体ごとに録画してオンラインで配信されました。
神戸市のたくさんの子どもたちの演奏が楽しめます。

盲学校の皆さんは39分30秒くらいからの演奏です。

担当の先生よりご連絡があり、先生や子どもたちの自由なアレンジで取り組んでいただくようご提案しました。
とても上手に打っていらして驚きました。
和太鼓部の皆さん、先生方、本当にありがとうございました。

教室では、今まで約30年に渡って全国各地の様々な保育園、小学校中学校、高校の和太鼓指導に関わり、昔の音を掘り起こしながらたくさんの楽曲や編成を創ってきました。
今年春からは、学校などでも使っていただけるような楽譜やプログラムをご紹介していきます。お楽しみに!

カテゴリーBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。