暦のはなし

太陰太陽暦 弥生二廿九日
グレゴリオ暦 4月29日(金)昭和の日
一粒万倍日

いま、教室の生徒の皆さんや、教室と関わる子どもたちが自然に触れられる場所を作るため、ビレッジを構築しています。
アートビレッジと名をつけて、太鼓だけでなく、アートや食、自然、農業、ヨガ、ダンス、忍者教室など、いろいろな方々を繋いでいく場となるよう、今年一年は、太鼓教室の皆さんと一緒にたくさん遊んで、プログラムを考えます。

まずは自分自身が学ばなくてはならないので、毎日、野草を摘み、野菜の種や苗をうえ、草を積み上げて自然に育つ菌を使って肥料を作る方法を試したり、畑全体に草を敷き詰めてマルチを使わない方法を試したり、もともと、無農薬で育てて来られた畑の一部で、さらに畑を自然のなかで運営していく方法を試行錯誤しています。


そして、以前にも書いた通り、旧暦、いわゆる太陰太陽暦に切り替え、太陽と月、星々の動きを観察しながら、過ごしています。
月の影響を最も感じられるのは、農業よりも漁業で、釣り人は潮汐表という潮の満ち引きを知るための表を参考にして釣りをされています。

下記の写真は太陰太陽暦 弥生十七日 グレゴリオ暦4月17日、大潮の時の満月です。

少し前には、一日ごとに虫や動物たちが動き出している姿を毎日、観察していました。
てんとう虫とアブラムシ、アリ、ハチ、バッタ、トカゲ、今はもう、カエルが鳴き始めました。

さて、今年度の教室が全て開講いたしました。

こちらは、今年度、一番にスタートした淡路市立サンシャインホール太鼓教室。
ホールの皆さん、地元の皆さんに大応援いただいている素晴らしい教室です。

淡路は自然と文化の宝庫ですし、世代間の交流や継承がごく普通にある場所だと思います。
近年は、移転者の方々が増え、これからは、地域の方々と転入者の方々とが出会う場所も大切になってくるでしょう。
この教室では、まさに、地元で農業をなさっている大先輩に、移転して農業を始められた生徒さんがいろいろなことを教わったり、何よりも私自身が、楽器用の竹を見繕ってもらったり、水のことを教わったりお世話になっています。

そして次にスタートした芦屋山手小学校の音楽室で芦屋のコミュニティスクールの方々の主催なさっている芦屋山手太鼓。
今年から新しく始まった神戸市学園都市にある子ども施設と共に、武陣太鼓の代表でもある勝野講師が指導を担当させて頂いています。
そして、稲美町にある母里保育園さんは新園舎が建ち、先日は祝いの太鼓を新しい40人の5歳さんと一緒に打ちました。

(2019年の発表写真です)

そして、1ヶ月遅れながら現在、奔走中の郷音舎(写真上)と武陣太鼓(写真下)

今年は例年の事業である三木市の別所公春祭りが開催されないことになり、代わりに旧玉置家にてイベントが開催されるそうです。
主催者の皆様からお声をかけていただき、誠にありがとうございます。

これまでの地域団体の皆さんから、継承者確保、育成の相談を頂いて、少し大忙しの春を迎えています。

さて、そんな中で、一つ気づいたのは、太陰太陽暦と農業、漁業、日本の自然、和歌が連動しているということでした。

グレゴリオ暦を当たり前に使って社会の中で生きていたときは全くわからなかった感覚です。満ち潮、引き潮など月と海との関係、種をまく時期。夜の暗さ、日々、目にする虫や、鳥の声。そんなものを感じ、体験していくうち、身体がどんどん自然に連動していきました。

日本の和歌、季節の言葉、祭りもすべて太陰太陽暦なのだ、自然、月のリズムなのだ、と、旧暦カレンダーを見て思いました。
世界の多くの国では、その国独自の暦とグレゴリオ暦を両方使っているようですが、日本だけは、旧暦と呼び、ほとんどグレゴリオ暦に統一しているそうです。

ただ、近年では、特に自然関連のお仕事をなさる方は月や太陽、星々の動きが分かる暦を使う方も増えているそうです。
(LUNA WORKSさん 和暦日々好日)

今年は音頭としごと唄を結びつけて聴いて頂く機会なども沢山、計画されていますが、そこにも暦をぜひ持っていきたいです。

暦の専門家の方々、食の専門家の方々など、私の周囲にいらっしゃったり、尊敬している、素晴らしい先生方を皆様に紹介できたら嬉しいと考えています。




カテゴリーBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。