Walk hand in hand 世界をタイコの和でつなぐ

こちらは、アフリカのいろいろな国のお医者さん達です。
日本の様々な医療現場を視察なさるために来日された際、医療の現場において、みんなで協力する、というあり方を学んで頂こうと主催者の皆さまが企画され、講義を担当させていただきました。

(JICA「アフリカ地域 地域保健担当官のための保健行政B(仏語圏)」 JICA Health Administration forRegional Health Officer for African Countries)

アフリカと言っても、沢山の国があり、言葉も習慣も違うのだそうです。
私は、講義の始まる前、どのような流れを作るかを深く考え、アフリカのジャンベという楽器を学ぶためにアフリカを巡った演奏者に参加してもらいました。

まずは、日本の文化を一方的に伝えるよりも、日本にもタイコがあるように、アフリカにもタイコがある、と、そこからスタートさせたかったのです。

人と人との間を感じる感覚が鋭く、同調することで和をはかろうとする動きが強い日本の人と異なり、皆さん、それぞれがそれぞれのやり方にプライドを持ち、独立心が強い方々です。州レベルの医療従事者の皆さんなので、多くの人々を率いるお立場もあります。

なぜ医療現場に太鼓が登場してくるのか?という、最初はそんな気持ちいっぱいの方もいらしたことでしょう。

そんな雰囲気を感じられる現場で、通訳の方々のサポートを借りながら、準備体操から始まりました。

ところが、アフリカでは、教育の中に、体操や音楽はないのだそうで、体操そのものをしたことがない!と言われました。

皆さん、初めての体操は意外に面白かったようで、しきりに色々な場所を曲げたり伸ばしたり。カラダがほぐれ、少しココロもほぐれたようでした。

次に、私は、当教室で大切にしている「播州田植唄」という曲を題材とすることにしました。この曲は、兵庫県でむかし、田植えの時にうたわれていた唄をうたいながら、太鼓を打ち鳴らす曲です。

これは、昔ながらの田植えを経験して創り上げていった作品です。
2015年に三木市のリノワークスさんと共に、「農村にしごと唄ワークショップ」というワークショップ形式にして、教室生や郷音舎メンバーだけでなく、広く一般の方々にもご参加いただき、むかし、共同で田植えを行なっていた頃の風景を再現しました。

今でも各地の民謡や民舞の中には、農具を鳴らしたり、お茶碗を使ったり、カゴを使ったりするものが残っていることから、参加者みんなで、田んぼの周りを歩き回り、自分が使いたい農具を拾い集めてきたシーンです。

くわ、シャベル、がんじき、それらをみんなで叩いて音を確かめます。



こうやって時間をかけて、田植えから稲刈り、もみすりまで、すべて体験して蘇らせ、現在はうたわれることがなく、眠っていた音や言葉たちにもう一度、人間のリズムを与え、創り上げた作品達を2019年、「みずほの国の米のうた」として発表しました。

米作りを教えて下さった村の皆さんが、沢山、見にきてくださいました。
この時、農業に光を当ててもらったような気がした、と言っていただけたのが、とても嬉しかったのを覚えています。


その代表曲が「播州田植唄」です。

この曲は、実は、「組太鼓」と呼ばれるジャンルだけではなく、各地の民謡、沖縄民謡の太鼓スタイル、打法を組み合わせ融合させた独自のスタイルです。バチも打ち方も、いろいろな太鼓打法が組み合わさっているうえ、田植えの仕草まで入っています。

アフリカの皆さんは、まず、
「米」とは何か?
「稲」とは何か?
「田んぼ」とは何か?
というところからスタート。

これは一番に、お互いの理解が必要な部分でした。
一生懸命に田んぼについて説明しているうちに、参加者の皆さんのうちのお一人が、

「アフリカでは、お互いの家に行くことが友好の証だし、あなたの家に行って、その田んぼとやらを見てみましょう!」

とおっしゃいます。

一日目は、そんな体操、田んぼ、米、太鼓、何もかもが初めてで、会話のかみ合わないながら、なにやら面白そうだ、とみんなが耳を傾け始めて下さった講義となりました。

さて、これが、3日間の講座の末、教室で設定させていただいた野外舞台(カルメニさん/神戸新聞興産株式会社さまのご協力で実現しました)にみんなで出演した時の写真。

今でも一番好きな写真です。

最初にこのお話をいただいたときは、舞台はプログラムの中には入っていませんでした。
しかし、私は、舞台を目標にすえて頂くよう、主催者の方にお願いしました。

音楽は、すべての人々が協力して成り立ちます。
協力するためには、心の壁を越えることが必要です。
3日間の短期間で実現させるため、舞台という目標に後押ししてもらおうと思いました。

講座の途中では、

「もう、私には無理!」と諦めてしまった方が出てきました。
「そもそも、なぜ太鼓なんだ!」と不満も出てきました。
途中で心ここにあらず、ということが目に見えてきた方も出てきました。
太鼓より持っていったパソコンに興味を示す方も出てきました。

そして次に、

無理、と諦めてしまった方に、こうしたらどうだ?と教え始めた方が出てきました。
心ここにあらず、という方に、自分はこうしてみたら理解できたと伝え始めた方が出てきました。
その日は、持っていった太鼓を、みんなで車に運んで積んで下さるようになりました。

そして最終日。
場の中でリーダー的な存在の方が現れました。

当日は、ジャンベ奏者に加え、教室からもお手伝いに来てくれたメンバー、笛演奏家の方もサポートに入り、アフリカチームの皆さんを取り巻いて、みんなで手を重ねました。

リーダー的な方は、発表後、沿道で立ち止まって見に来て下さった大勢の市民の皆さんに向けて、学んできたことを話してくださいました。

そして、このチームで、いつか、アフリカ全土を「田植唄ツアー」で回ろう!と全員で約束を交わすまでになりました。

こちらは、東日本大地震で外で遊べなくなった子どもたちを招いたキャンプを主催なさっていた「こころを元気に明石deキャンプ」の夏まつりに参加した時のもの。

この時は、明石や兵庫県の子どもたちが、福島の子どもたちを笑顔で迎えようと、一生懸命に太鼓の練習をして、その子どもたちの演奏からコンサートは始まりました。

やっぱり、大きな手と小さな手が重なりました。


Walk hand in hand 世界をタイコの和でつなぐ

これは、私が演奏家として掲げてきたメッセージです。

私は、10代からアメリカ、フランス、オーストラリア、インドネシア、ベトナムなど、各地の舞台に出演し、独立後は、このアフリカの皆さまとのワークショップをはじめ、イギリスの学校やオーストラリアの学校でのワークショップも担当させていただきました。

今では、それは、足元にある文化である郷土の芸能を大切にすることが第一歩だと考えています。

いまは、稽古場から育った沢山の生徒の皆さんが独立し、各地や各分野で活躍してくれています。

高校の中の歴代生徒会メンバーが自分たちの手で郷土芸能や文化を伝えていくという活動を10年続けた中からは、その祭りの主催者代表者になるメンバーも現れました。

そこで、このテーマを当教室の次の目標とすることにしました。
これからも、教室あげて、この目標を達成できるよう、そして教室で育った各地の皆さんと協力して達成できるよう精進してまいりたいと思います。

●Walk hand in hand 世界をタイコの和でつなぐ

暦のはなし

太陰太陽暦 弥生二廿九日
グレゴリオ暦 4月29日(金)昭和の日
一粒万倍日

いま、教室の生徒の皆さんや、教室と関わる子どもたちが自然に触れられる場所を作るため、ビレッジを構築しています。
アートビレッジと名をつけて、太鼓だけでなく、アートや食、自然、農業、ヨガ、ダンス、忍者教室など、いろいろな方々を繋いでいく場となるよう、今年一年は、太鼓教室の皆さんと一緒にたくさん遊んで、プログラムを考えます。

まずは自分自身が学ばなくてはならないので、毎日、野草を摘み、野菜の種や苗をうえ、草を積み上げて自然に育つ菌を使って肥料を作る方法を試したり、畑全体に草を敷き詰めてマルチを使わない方法を試したり、もともと、無農薬で育てて来られた畑の一部で、さらに畑を自然のなかで運営していく方法を試行錯誤しています。


そして、以前にも書いた通り、旧暦、いわゆる太陰太陽暦に切り替え、太陽と月、星々の動きを観察しながら、過ごしています。
月の影響を最も感じられるのは、農業よりも漁業で、釣り人は潮汐表という潮の満ち引きを知るための表を参考にして釣りをされています。

下記の写真は太陰太陽暦 弥生十七日 グレゴリオ暦4月17日、大潮の時の満月です。

少し前には、一日ごとに虫や動物たちが動き出している姿を毎日、観察していました。
てんとう虫とアブラムシ、アリ、ハチ、バッタ、トカゲ、今はもう、カエルが鳴き始めました。

さて、今年度の教室が全て開講いたしました。

こちらは、今年度、一番にスタートした淡路市立サンシャインホール太鼓教室。
ホールの皆さん、地元の皆さんに大応援いただいている素晴らしい教室です。

淡路は自然と文化の宝庫ですし、世代間の交流や継承がごく普通にある場所だと思います。
近年は、移転者の方々が増え、これからは、地域の方々と転入者の方々とが出会う場所も大切になってくるでしょう。
この教室では、まさに、地元で農業をなさっている大先輩に、移転して農業を始められた生徒さんがいろいろなことを教わったり、何よりも私自身が、楽器用の竹を見繕ってもらったり、水のことを教わったりお世話になっています。

そして次にスタートした芦屋山手小学校の音楽室で芦屋のコミュニティスクールの方々の主催なさっている芦屋山手太鼓。
今年から新しく始まった神戸市学園都市にある子ども施設と共に、武陣太鼓の代表でもある勝野講師が指導を担当させて頂いています。
そして、稲美町にある母里保育園さんは新園舎が建ち、先日は祝いの太鼓を新しい40人の5歳さんと一緒に打ちました。

(2019年の発表写真です)

そして、1ヶ月遅れながら現在、奔走中の郷音舎(写真上)と武陣太鼓(写真下)

今年は例年の事業である三木市の別所公春祭りが開催されないことになり、代わりに旧玉置家にてイベントが開催されるそうです。
主催者の皆様からお声をかけていただき、誠にありがとうございます。

これまでの地域団体の皆さんから、継承者確保、育成の相談を頂いて、少し大忙しの春を迎えています。

さて、そんな中で、一つ気づいたのは、太陰太陽暦と農業、漁業、日本の自然、和歌が連動しているということでした。

グレゴリオ暦を当たり前に使って社会の中で生きていたときは全くわからなかった感覚です。満ち潮、引き潮など月と海との関係、種をまく時期。夜の暗さ、日々、目にする虫や、鳥の声。そんなものを感じ、体験していくうち、身体がどんどん自然に連動していきました。

日本の和歌、季節の言葉、祭りもすべて太陰太陽暦なのだ、自然、月のリズムなのだ、と、旧暦カレンダーを見て思いました。
世界の多くの国では、その国独自の暦とグレゴリオ暦を両方使っているようですが、日本だけは、旧暦と呼び、ほとんどグレゴリオ暦に統一しているそうです。

ただ、近年では、特に自然関連のお仕事をなさる方は月や太陽、星々の動きが分かる暦を使う方も増えているそうです。
(LUNA WORKSさん 和暦日々好日)

今年は音頭としごと唄を結びつけて聴いて頂く機会なども沢山、計画されていますが、そこにも暦をぜひ持っていきたいです。

暦の専門家の方々、食の専門家の方々など、私の周囲にいらっしゃったり、尊敬している、素晴らしい先生方を皆様に紹介できたら嬉しいと考えています。




おとなり先生プロジェクト2022


グレゴリオ暦4月3日(日)は、旧暦弥生三日、桃の節句です。

現在、立ち上げ準備中のアートビレッジでは、春の苗植えと種まきが始まりました。

野菜に加えて本年は薬草畑も作ります。

菜の花がこんなにきれいに咲いています。

山桜も見頃です。



さて、私たちの教室では日本で第1回目の緊急事態宣言が出された際、子供たちの体力低下は免疫力の低下につながると判断し、子どもたちの教室をすぐに無料開放し、オンラインレッスンを導入。

また、国際薬膳師、助産師、作業療法士、看護師など専門の皆さんと連携して、「おとなり先生」というプロジェクトを始めました。

舞台に立っていらしたパフォーマーの方から医療者まで、小さな子供や妊婦さん、障がいを持つ皆さん、高齢者の皆さんなどに向けて、発信しました。

2020年にも大協力してくださった稽古場の専門家の皆さんの協力で、2022年5月より、おとなり先生プロジェクトの第2弾をスタートします。

プロジェクトでは、子どもたちに向けて講座をリアル、オンライン両方を無料開放します。
また、若者向けの、たくさんの楽しい企画をただいま、開発中!
お楽しみに。

●こちらは、当教室主催のイベント、ワークショップのみでのプロジェクトとなります。
施設や学校、自治体などの主催教室に関しては、すでに多くの皆さんが参加しやすい金額に設定されておりますので、プロジェクト対象外となります。あらかじめご了承くださいませ。

淡路のうた

3月20日、淡路市立サンシャインホールさんで昨年夏に始まった講座のまとめでもある会が行われました。
もともとは地域の様々な活動をなさっている方が一同に集まる会の予定でしたが、諸事情で、今回は、太鼓教室の皆さんの作品発表だけをさせて頂く運びとなったようで、生徒の皆さんも、ホールのいろいろな場所を楽しめる良い機会でした。
「昔、ホールが出来た時、とても嬉しかったんだ!」とお話ししてくださった生徒さんもいました。

初めてバチを持った人、初めて着物を着たり、笠をかぶった人、初めて歌を歌った人、初めてマイクを使ったり、初めて舞台に立ったり、、、全員が何もかも初めてで、こんな状態で大丈夫かな、と時には悩みながら、みんなで励まし合って形にした舞台。

初めて尽くしなのに2曲もチャレンジしました。

1曲目は、この講座の謳い文句であった「石場突き唄」。
淡路島の大工さんを先頭に、村人みんなで唄って大黒柱を建てていた時に唄った祝い唄です。

諸国を旅していた女性旅芸人の「瞽女さん」の歌の中にも、やはり大黒柱の歌詞が出てくる祝い唄のような「万歳」という曲があります。

ホールに、第一声、「これがこの家の大黒柱〜」と響き渡った時、いよいよ淡路島に大きなお家が建ち始めたようで、ホール全体が喜んでいました。
とても小さな場所でも、良い言葉を使い、楽しく和気あいあいと地域のかたが集う空間が一つ出来るだけで、不思議とその地は明るく変化していきます。
そんな明るいパワーが柱となって立ち上がったような瞬間でした。

当日、神戸で太鼓を打っている仲間たちも、舞台裏のお手伝いに行きましょうか?と心配してくれていましたが、発表直前からは、淡路島のメンバーたち自ら楽器のセッティングも全て自分たちだけで行う気持ちが強くなり、みんなで結集して舞台を作り上げるパワーはさすが誇り高き淡路人。
何もかも自分たちで仕上げてしまい、稽古場で揃えている衣装一式もあるのですが、自分でも、近所の呉服店で好きな半纏と帯、ハチマキ一式を買ってきたという生徒さんもいらして、驚きました。その生徒さんは、太鼓も買いたいと熱心で、そのうち、舞台も建ててしまいそうな勢いで熱烈に頑張っていらっしゃいます。

当日はご家族やご近所の皆さんが家族づれで見にきて、応援してくださいました。
舞台裏では、着物の着付けで女性たちは「難しい!」と言いながら、とっても楽しそう。
笠をかぶった美しい姿を皆さんに見てもらいたくて、客席に行ったまま帰ってこないメンバーも(笑)

何かと初日ならではの出来事が起きましたが、皆さん、心地よい疲れを感じ、きっと帰っておうちでビールで乾杯!と頑張った自分自身を褒めていらしたように思います。

ここまで来れましたのも、ホールのスタッフの皆様の献身的な支えのおかげです。
楽器の搬入、搬出を始め、常に生徒の皆さん、地域全体の皆さんのことを第一に考えて決断してくださる安心感があってこそ、生徒の皆さんも指導者も音楽に集中することができました。
ありがとうございます。

この第一歩を積み上げて、次は、お世話になった漁師さん、地域の方から譲っていただいた唄本やCDから淡路島ならではの曲と舞台を作り上げていきたいと思っています。

来年度の募集も始まっています。

淡路島の島文化をもっともっと掘り下げながら、同じ日本各地の島文化を繋いで行けたら良いなと思っています。淡路島、八丈島、奄美大島、沖縄、四国、、島の文化を調べて並べていくと、今はなくなってしまった島の文化が、別の島に残っていたりして、とても面白く、島の文化が刺激され繋がっていけば良いなと思っています。

ホールで行われている大々的な募集。
時折、神戸方面から訪れる生徒さんも、ホールに入った瞬間、びっくりなさるそうです。

今後とも、ますます精進し、ホールに集い地域を盛り上げ、人と人を繋いでいく文化の力を盛り上げるお手伝いをさせて頂けたらと思います。どうぞ宜しくお願い致します。